誰でもできる!かんたんオープン!                                
      技術や知識がなくてもダイジョウブ! 誰でも簡単オープンできます!     
   
     ホーム > ネットショップで開業する                         


 
 


  あなたの好きな雑貨を仕入れてネットで販売!


 カラーミーショップ で携帯を含めたネットショップをオープンするための費用が大体いくらくらい
 かかるか計算できたなら、次は、ショップの作成です。

 HPは豊富なテンプレートの中からあなたがお好きなデザインを選べばOKですが、ショップ内で販売する
 商品の仕入れやその写真と商品の詳しい説明文は、あなた自身で作らなければなりません。

 雑貨商品の仕入れ方法には、一般的に大きく分けて4通りあります。

 【1】 卸し問屋から仕入れる
 【2】 メーカーから直接仕入れる
 【3】 ネットを使って仕入れる
 【4】 自分で商品を作成する
 それでは、その方法を個別に解説してみましょう。

 あなたの好きな雑貨を仕入れてネットで販売!   

 通常、実店舗をかまえて個人レベルの雑貨店を経営してゆく場合には、まず必ずといってよいほど
 卸し問屋さんにはお世話になります。
 
 県庁所在地などには、どこでも大なり小なりの問屋町がありますが、やはりその大きさからいって
 東京の浅草橋や馬喰町周辺と大阪の本町周辺が有名です。

 この両地区には、たくさんの卸し問屋が建ちならび、毎日日本全国から大勢の小売り屋さんたちが
 お店の商品を仕入れに来ています。

 卸し問屋は店内にエスカレーターやエレベーターまで備えた百貨店なみの大型店から専門業種的
 な個人商店まで大小さまざま、いろいろな規模で営業しています。シャネル、ヴィトンなどの高級ブラ
 ンド品から宝飾品、ファッション関連すべて、生活雑貨や日用雑貨、食料品から駄菓子まで・・
 ほとんどなんでもあり!の状態の中から、あなたの感性にマッチした商品を、1点からでも仕入れを
 することができます。

 まだどんな雑貨商品を取りそろえたネットショップをオープンしようかと迷っている方は、一度、東京か
 大阪の問屋街(※日祭日は休み)を散策してみることをおすすめします。

 問屋街の通り沿いにあるような小規模店には、そのまま入ってどんな商品を扱っているのかを実際
 に見てみればよいでしょうし、大きな総合卸し問屋の場合は、入り口を入ると受け付けカウンターが
 ありますから、お店の係り員に「 雑貨店を開業予定なので、その時の商品をさがしているのですが、
 ここではどんな商品を扱っているのか見学させていただけますか?」といえば、ほとんどのお店では
 「入店を許可」してもらえるはずです。

 その日に気に入った商品が見つかれば、現金で仕入れることも可能ですし、次回から自由に出入り
 できるための「入店カード」を作る申請書類ももらえます。

 実際にいろいろな商品を見ることによって、あなたのネットショップの具体的なイメージが沸いてくる
 はずです。 それでは次に、卸し問屋を通さないでメーカーから直接商品を仕入れる方法を解説します。



      
    メーカーから直接仕入れる方法



  Shop construction
 ◇ テンプレートで作る
 ◇ 毎月の必要経費は?
 ◇ 雑貨商品の仕入れは?
 ◇ メーカーから仕入れる
 ◇ ネット問屋から仕入れる

 ◇ リンクについて
 ◇ 相互リンク集
 ◇ 雑貨アフィリエイト







雑貨系ネットショップの作り方
Copyright(C) 2004-   All right reserved.    Produced by  LIGHT PLANING 
  アクセスランキング